【注意】カナダグースやモンクレールダウンは、自分で洗濯はやめたほうがいい理由

こちらでは、「カナダグースやモンクレールダウンなどを自分で洗濯するのが危険な理由」を紹介しています。

カナダグースやモンクレって、自宅で洗濯しても大丈夫?


クリーニング料金高いから、自宅で洗濯したい。

こう考える方も多いのではないでしょうか。クリーニング出さずに、自宅でキレイにできたら最高ですよね。

「カナダグースのダウンは、自宅で洗濯できるよ」と洗濯方法を解説しているサイトもいくつかあります。

でも、怖くないですか?

この方々は、カナダグースのダウンではないでしょうけど、失敗することって当然のことながらあります。

だって、カナダグースやモンクレールのダウンのクリーニングを断るクリーニング店があるくらいですから。

↓ここに、ダウンジャケットを家庭で洗濯する前に知っておきたいポイントが載っています。参考になるかと。

ダウンジャケットの洗濯について(東京都クリーニング生活衛生同業組合)

 

このように、洗濯する過程で気を付かなければならない点がいくつかあるのですが、それと同じくらい気を付けなければいけないのが、乾燥です。

きちんと乾燥させないと、際ツキ(きわつき)が発生しますよ。


際ツキってなんですか?

 

ダウンのキルティングの縫い目部分に沿って濡れたようなシミが出来る現象のことです。

ダウンは、保温性を高めるために、生地密閉度の高い洋服です。ダウンの表面は、もちろんすぐ乾くのですが、羽毛が入っている内部は、乾きにくいです。

すると、水分や落としきれなかった汚れや洗剤が、逃げ場を求めて、縫い目部分に集中します。

そして、水分が先に乾き、乾き切らなかった汚れ成分が、縫い目に取り残されて、際ツキとなります。

 

乾燥機で乾かす場合も、高温で乾燥させると、羽毛の油分が無くなってしまい、ダウンの保温力が低下してしまいます。十分に気を付けて下さい。

また、ダンブリング乾燥といって、ダウンを回転させながら乾燥させる工程をやらないと、中の羽毛が絡まった状態のままとなり、ダウンのボリュームがなくなってしまいます。

ぺちゃんこ状態になってしまいます。こうなると、素人ではどうすることもできなくなります。

 

高級ダウンを自宅で洗濯する場合は、細心の注意を払って下さい。

目次に戻る↑

 

高級ダウンのクリーニングページに戻る ⇒

関連記事

【2019年8月版】高品質で信頼できる!高級クリーニングおすすめ店を徹底紹介 /...

【高評価】プラスキューブの口コミ・評判は?/ ここを薦める5つのポイント!

【直せます!】色落ちや変色・破れたモンクレールは、クリーニングで修理へ

【2019年版】ムートンブーツのクリーニング店選び/ おすすめはココ!

【超まとめ】ピュアクリーニングプレミアムの口コミ・評判は?

ネクシークリーニング

【案外おすすめ】Nexcy(ネクシー)の口コミ・評判は?/みんな知らないだけ