【必要?】モンクレールやカナダグースはクリーニングに出さないとダメ?出すべき理由を徹底解説!

「カナダグースやモンクレールのダウン、やっぱりクリーニングに出さないとダメなの?」

「クリーニング料金も高いし、ダメにされたらイヤだし、できれば出したくない」

 

カナダグースやモンクレールのダウンは、値段も高いから、できればクリーニングには出したくないですよね。。。

でも、ダウンも当然ながら汚れます。肌に直接触れる部分は襟元や袖口だけかも知れないけど、やっぱり汚れるんです。

そのまま次のシーズンまでクロゼットで保管しておくと、カビ生えますよ。

このページでは、カナダグースやモンクレールのダウンをクリーニングになぜ出さなくてはいけないのか、その理由を説明します。

カナダグースやモンクレールダウンに付く汚れの種類を紹介

襟元・首元・袖口の汚れ

モンクレの定番モデルである”HERMINE”や”MAYA”

これらのタイプは、あごのところは、とくに汚れやすいです。女性の方だと、ファンデーションが付いてしまったなんて人も多いのでは。

襟元・首・そして袖口には、主に

  1. 皮脂
  2. ファンデーション等

この3つの汚れが付きやすいですよね。

汗や皮脂汚れを落とさずにそのままにしておくと、酸化して黄ばみや黒ずみになります。

モンクレールやカナダグースのダウンを着ている人は、色は、主に黒が多いと思うので、分からないし目立たないでしょうけど、確実に黄ばみになっています。

白だと分かりやすいので、こちらをご覧ください。


スワイプしてください。2枚目の画像です。

 

↑こんな感じで、何年も洗っていないと、こんなに汚れるんです。白だとものすごく分かりやすいですよね。

あなたのダウンも、実はこんなに汚れているかも……。

ダウン表面のシミやホコリなどの汚れ

ダウンの表面には、

  1. 食べこぼしなどでできた油汚れ
  2. ジュースなどのシミ
  3. 空気中のほこり

この3つの汚れが付きやすいです。

食べこぼしやジュースのシミなどは、きちんと落とさないとカビの発生原因となります。

カビは、たんぱく質を栄養源として成長・繁殖していきます。

食べこぼしなどの汚れには、たんぱく質が含まれているので、繊維に染み込んだ汚れもきちんと取らないと、確実にカビが生えます。

また、ダウンジャケットは、静電気が発生しやすい衣類なので、空気中のほこりが付きやすいです。すると、そのほこりに付着していた汚れが衣類に付き、服が汚れる原因になります。

臭い

ダウンには、

  1. カビのニオイ
  2. 焼肉や鉄板焼き屋などで付いたニオイ

などのニオイが付きやすいですよね。

とくに焼肉に言ったに付いてしまう、あの油のニオイはなかなか取れないですよね…。

ニオイの付く原因は、ダウンの細かい繊維の間に、空気中を漂っている油が付着するからです。

台所のガス台近くに置いてあるものって、触るとベトベトしていません?油って、けっこう空気中に広範囲で、飛び散りそして漂うんです。

なので、焼肉店やお好み焼きやなどで、ハンガーにかけて壁に吊るしておいただけでは、すぐに油が付着してしまいます。

この油の臭いのおおもとは、油なので、その油自体を取らないとニオイは消えません。

これは、カビのニオイも同じです。カビ自体を除去しないとカビ臭さはとれません。

そして、この油は皮脂汚れ同様、時間が経つにつれて酸化して、黄ばみとなります。

カビ

衣類に付くカビは主に、

  1. 白カビ
  2. 黒カビ

の2種類があります。

白カビは、繊維奥まで根を張っていない状態なので、わりと簡単に落とすことができます。

黒カビの場合は、繊維奥まで根を張るので、除去するが大変難しいです。

また、カビが生えた箇所は生地が薄くなり、変色してしまうので、衣類にも直接的なダメージを与えます。

生えてから時間が経ったものならなおさらです。

自宅で落とせる汚れは?

襟元・首元・袖口の汚れ

これらの汚れは、自宅で落とせることができます。

皮脂汚れやファンデーションなどは、油汚れなので、中性洗剤や台所用洗剤で落とすことができます。

軽く湿らせたスポンジに洗剤の原液を少しつけて、軽く叩くように汚れを落としていきます。

その後、タオルをぬるま湯で湿らせて、洗剤を拭きとっていきましょう。これで汚れはだいぶとれます。

ダウン表面のシミやホコリなどの汚れ

食べこぼしやジュースのシミ汚れは、↑の同様洗剤で落とせます。

また、ダウン表面のほこり汚れなどは、湿らせたタオルで拭けば取れます。

臭い

これは、自宅で取るのは困難です。

陰干しすれば、幾分落ちますが、完全には取れません。ニオイの元となるカビや油を除去しないと、どうにもなりません。

また、ファブリーズも意味がありません。ファブリーズは、ニオイの元を消臭カプセルで、一時的に封じ込めているだけなので、時間が経つとまたニオイが発生してきます。

そして、モンクレールの生地は、主にポリエステルやナイロンです。

これらの化学繊維は、ファブリーズなどの消臭スプレーをすると、非常にシミになりやすいです。

ファブリーズは、絶対にやめましょう。

カビ

白カビは自宅で落とせます。

軽く水ぶきしましょう。ただし、消毒用エタノールで拭くのは、やめましょう。変色、生地の劣化につながります。

黒カビは、自宅で落とせません。

落すのなら、自宅でも洗濯しか方法がありません。洗濯機で洗って下さい。

だから必要。クリーニングに出さないと、これらの汚れは落とせない

ニオイやカビに関しては、素人では無理なのでクリーニングにお願いすべきです。

自宅で落とせる汚れもありましたが、一つ忘れないで欲しいことがあります。

モンクレールダウンの生地は、主にポリエステルです。このポリエステルは、非常に破れやすいのです。

とあるクリーニング店の人もツイートしていました。

なので、自宅で汚れを落とす際は、十分に気を付けて下さい。強くこすったりすると、生地が破れる可能性があります。

カナダグースは、白けや色褪せになる可能性があります。

また、汚れ自体も、自分で完璧に落とすことは難しいかもしれません。

汚れが残っていると、ダウンのコーティングの劣化を早める原因にもつながるので、生地を傷めることにつながりダウンジャケットの保温性低下、およびダウン自体の劣化につながります。

つまり、クリーニングに出して汚れをしっかり落とさないと、ダウンの寿命を縮めることになります。

大事なモンクレールのダウンの生地が破れてでもしたら、専門店に修理を出さなくてはいけません。修理代も状況によりますが、最低でも5,000円はかかります。

なので、クリーニングに出さないといけないんです。しかも、カナダグースやモンクレールの取り扱いに慣れている専門のお店に。

 

きちんとお手入れして、きれいにしている人の高級ダウンは長持ちします。

一方、クリーニングに出さずに、汚いままにしている人の高級ダウンは、きれいにしている人のダウンより、早くダメになってしまいます。

 

あなたのそのカナダグースやモンクレールのダウンを、これからも永~く着続けたいのであれば、一度クリーニングに出しましょう。

 

前のページに戻る←

 

\こちらで「カナダグース・モンクレールのクリーニングのおすすめ店」/
\高級ダウンを出すべき、クリーニング店を/
\↓紹介しています↓/

カナダグースとモンクレールダウンと高級ダウンのクリーニング
そうお考えのあなた。 最適なクリーニングコースを選ばないと あなたのそのカナダグース、モンクレールが、無残な...

カナダグース・モンクレールのクリーニングはこちら ⇒

関連記事

NO IMAGE

【徹底解説】革ジャンにカビがっ!クリーニング出す前にやるべきお手入れ方法を紹介

【高級衣類任せて!】宅配クリーニング「キレイナ」の口コミ・評判など徹底紹介

【2019年版】失敗しないムートンコートクリーニング店選び/ おすすめはココ!

NO IMAGE

【諦めないで】革ジャンに付いた匂い、シミやシワはクリーニングで取りましょう!

カナダグースとモンクレールダウンと高級ダウンのクリーニング

【'19年5月版】厳選3社!カナダグース/ モンクレールダウンのクリーニング選び...

ネクシークリーニング

【案外おすすめ】Nexcy(ネクシー)の口コミ・評判は?/みんな知らないだけ