【失敗されたくない!】高級ダウンのクリーニングおすすめ店を紹介

モンクレール,カナダグース,高級ダウン,クリーニングおすすめ

 


とりあえず、ちょっと料金の高いドライクリーニングのコースでお願いすればいいんでしょ??

 

 

そうお考えのあなた。

最適なクリーニングコースを選ばないと

あなたのその高級ダウン、無残な姿になっちゃうかも…。

 

 

高級ダウンで有名な

  • カナダグース
  • モンクレール
  • タトラス(tatras)
  • ウールリッチ
  • HERNO(ヘルノ)
  • ノースフェイスのダウン
  • DUVETICA(デュベティカ)

みんなの憧れですよね。

モンクレールは、特に芸能人の方とか着ている人多いみたい。

嵐の櫻井翔さんは、モンクレ好きで有名。


わたしも、一度は着てみたいわ

 

この投稿をInstagramで見る

 

りぃにゃん(リエコ)(@rieko.m.0303)がシェアした投稿

モンクレールのモンジュネーブルは、190,000円くらい

予約だけで完売しちゃうノースフェイスのバルトロライトジャケットが、61,500円
(↑これ、嵐の松潤が愛用しているようですね。)手に入らなくて、今、値段高騰中。

タトラスのラビアナは、ZOZOだと138,000円ちょっと

毎年、即完のカナダグースのジャスパーは、99,000円

 

そんな、あなたの相棒の高級ダウンを、いざクリーニングに出そうと思っても、

 

「料金って、どれくらいするんだろう・・・」

「クリーニングに出して、大事なダウンに何かあったらどうしよう…。できればクリーニングに出したくないのが本音…。だって、失敗されたくないし。」

 

って、不安になりますよね。

みんな、あなたと同じ考えですよ。

でも、

そうなんです。大事にしようとしている人は、きちんとメンテしているんです…。

 

また、こういった高級ダウンを安心して任せられるクリーニング店って、なかなか近所にはありませんよね?

そこで、自宅にいながら利用できる「高級衣類専門の宅配クリーニング店」を中心に以下の内容を紹介します↓

 

  1. 高級ダウンをクリーニングしてくれる代表的なお店の料金
  2. モンクレールやカナダグースのクリーニング失敗談
  3. おすすめの宅配クリーニング店

 

 

あなた、他でいろんな高級ダウンのクリーニング店を紹介しているサイト、見てきたのでは?

ダメにされたくないから、本当にそのサイトがお薦めするクリーニング店でいいの…?

って、不安になって、ここに来てくれた人もいるのかな。ありがとうございますm(__)m

ここで、あなたの不安、全部解消させるから。安心して下さいね♪

 


トラブルに遭わない・安心して利用できるお店で、あなたの「高級ダウン」きれいにしませんか?

 


このページをスマホにブックマークしておいてもらえれば、この冬が終わって、クリーニングに出す時、わざわざ検索しなくていいから便利ですよ。ぜひ、ブックマークしておいてね。

 

おすすめ店を
今すぐ知りたいなら
↓↓こちらをクリック↓↓

おすすめ店はこちら

 

気になる方は、どうぞ♪
~ モンクレールのダウン ~
\↓クリーニングに出してみました↓/

高級ダウンのクリーニング料金を比較!


まずは、気になるクリーニング料金からです。タトラス、ウールリッチ、ノースフェイス、デュベティカも同じ料金です。
クリーニング会社 営業タイプ
料金
クレアン 宅配 ¥8,000
キレイナ 宅配 ¥7,000
クリコム 宅配 ¥9,000~
ワードロープ 宅配 ¥8,964
白洋舎 店舗 ¥2,100 or
¥4,200 or
¥8,000円~
ピュアクリーニング 宅配 ¥3,000
リネット 宅配 ¥2,580
リナビス(5点パック) 宅配 ¥1,710
ポニークリーニング 店舗 ¥1,900~
ホワイト急便 店舗 ¥1,800~

白洋舍は、

  1. ドライクリーニング(¥2,100 or¥4,200 )
  2. 水洗いのカスタムクリーニング(¥8,000円~)

と、洗浄方法によって、クリーニング料金が違います。

表で紹介している10社は、全て高級衣類も対応可能なクリーニング会社です。

また、

  1. クレアン
  2. キレイナ
  3. クリコム
  4. ワードローブ

などの宅配クリーニング店は、「高級ブランド専門」のクリーニング店です。

 

  • リナビス(衣類5点パック ¥8,550)

は、5着まとめていくらという料金体系なので、一着あたりに換算したときの金額となっています。

 

目次に戻る↑

白洋舎の高級ダウンクリーニング料金は?

白洋舎にモンクレールやタトラス、ウールリッチ、ノースフェイス、デュベティカなどの、高級ダウンをお願いするときは、

  1. ドライクリーニング
  2. 高級ブランドクリーニング
  3. カスタムクリーニング

のいずれか3コースでお願いします。

コース(ダウンジャケット) 料金(税別)
通常のドライクリーニング 2,100円
高級ブランドクリーニング 4,200円
カスタムクリーニング 8,000円~
宅配の場合の送料 1,600円

ドライクリーニングは、通常の一般的なクリーニングです。

ホワイト急便のダウンジャケットの料金が、1,800円~なので、ちょっと高い程度ですね。

 

一方、高級ブランドクリーニングは、洗浄方法は、ドライクリーニングですが、

  1. ブランドのシンボルである、ロゴやマーク、タグなどが取れないよう細心の注意
  2. 取れかけのボタンや、裾や袖口などの簡単なほつれは、修理
  3. 洗浄は当然のこと、乾燥方法にも配慮して優しくクリーニング

このような点に注意して、通常のドライクリーニングを行ってくれます。

 

最後に、カスタムクリーニングは、品質にこだわる白洋舍の最高レベルの技術者が、丁寧に洗い、しみを抜き、仕上げていく最高級クリーニングサービス。水洗いクリーニングを行ってくれます。

参照元:白洋舍の料金

 

 

白洋舎の場合、

ダウンの洗濯表示によって、クリーニング内容が変わり、またコースも変更する

との事なので、店舗で直接確認して下さい。(工場部の方にメールにて問い合わせ済み)

メール内容を見たい方は、「【目次】4番目の”Bestなクリーニング方法は、水洗いのウェットクリーニング”」をご覧ください。

目次に戻る↑

 

ちなみに、カナダグースのクリーニングをカナダグースの公式でおすすめしているクリーニング店の「クリーニング・カラキヤ」にお願いすると、1万円弱かかります。

カナダグースのクリーニング料金(撥水加工付き)が、5,200円(税別)

往復の送料と、支払い方法が「代引きのみ」なので、代引き手数料がかかります。

ヤマト運輸で送るとして、送料はいくらか。お店は東京の港区。

往復送料(片道)
北海道在住の人 ¥4,018(¥2,009)
東京在住の人 ¥3,154(¥1,577)

 

クリーニング代(税込) ¥5,616
往復送料(東京在住) ¥3,154
代引き手数料 ¥324
合計 ¥9,094

けっこうしますね。

目次に戻る↑

ダウンのクリーニング頻度は?毎年でないとダメ?

できれば、2年に1回はクリーニングしたいところ


冬は、夏みたいにそんなに汗だってかかないんだから、ダウンなんて4,5年に一度くらいでいいんじゃない?

いいえ、最低でも2年に1回は出すようにして下さい。(お財布に余裕がある方は、本当は、毎年出すのがべスト)

冬は、夏みたいに汗だくになることはないですよね。

でも、電車に乗る方だったら、

電車内がめちゃくちゃ混んでて、すごく蒸し暑い・・・。汗がじんわり出てきて気持ち悪い。なんて経験必ずあるんじゃないでしょうか。カナダグースなんか特に。

電車降りた瞬間、あの「 スーッ」っと一瞬で汗が引いていく感じが、なんとも言えず、わたしは好きなんですけどね。

 


こういった冬の汗のニオイ、実は夏より強いって知ってました?

▼詳しく知りたい方は、下のボタンをタップ▼


冬の汗は、夏場にかく汗とは性質がまったく違うんです。

汗を分泌する皮膚腺の一種である汗腺。この汗腺が、血管から血液をくみ取って汗を作っているんです。

夏は、もちろん汗をたくさんかきますよね。

そうすると、この汗腺がものすごーく良く働いてくれて、血液に含まれる「汗クサッ!」の原因となるミネラルやアンモニアを、血管に戻してくれるんです。

なので、水に近いサラサラした汗となります。夏場の汗は、あまりニオイにくいんです。

でも、冬はそんなに汗をかかないので、汗腺も怠け坊主になります。
そうすると、ミネラルやアンモニアを血管に戻してくれず、汗といっしょに出てきてしまいます。

なので、冬場の汗は、ニオイがきつくなるんです。このニオイの元となる成分は、夏の2倍以上出るとのことです。

この汗が、カナダグースの襟元なんかに染み込んでしまうと、皮脂が酸化して黄ばんだり、殺菌が繁殖して、ダウンからニオイが発生してきます。

これが「付着臭」と呼ばれるやつで、カビくさいニオイを出します。

居酒屋や焼き鳥店、お好み焼き店なんかに行った時は、ダウンにも油のニオイとか付きますよね。そうすると、ニオイ倍増ですから。

襟元に付いた皮脂はたんぱく質なので、それを栄養源として、カビも発生します。

なので、シーズンオフになったら、最低でも2年に1回、必ずクリーニングに出しましょう。

毎年したほうがいいのは、当然なのですが、お財布のことを考えるとちょっと痛いですよね。なので、2年に1回は出すようにしましょう。

でないと、来年、モヤ―っとしたカビ臭いニオイのするダウンを着ることになりますよ・・・。

きちんと定期的にクリーニングにきちんと出して、メンテナンスすれば、高級ダウンは10年以上着られます。


なので、ダウンの購入料金とクリーニング代を考えても、高級ダウンのコスパは絶対にいいです。

また、


そんなに頻繁にクリーニングをすると、中の羽毛が傷んだりしないの?

と、気にされる方もいると思いますが、痛みません。

顕微鏡のミクロ単位で見れば、痛みは発生しているかもしれませんが。

ダウンと中身の同じ羽毛布団。

  • 1回クリーニングした羽毛布団
  • 30回連続でクリーニングした羽毛布団

この違いが分かる人はゼロだそうです。

それより、クリーニングをせずに、汚れが付いたまま長期保管している方が、ダウンが傷みます。虫食います。

こちらでは、「カナダグースやモンクレールダウンをクリーニングに出さない?それダメでしょ!その理由」も解説しています。

 

おすすめ店を
今すぐ知りたいなら、こちらをクリック

おすすめ店はこちら↓

 

目次に戻る↑

Bestなクリーニング方法は、水洗いのウェットクリーニング

カナダグースやモンクレ等の高級ダウンは、どのクリーニングコースでお願いしたらいいのか?

ここが、一番重要なんです。今まで読んできたの、全部忘れていいから、これだけは覚えておいて。


とーっても大事なんです。

ここを間違えると、この注意点を知っておかないと、大事なモンクレールやデュベディカなどの高級ダウンが、大変なことになるんです。


ん?デラックスコースとかみたいに、ちょっと上のランクのコースを選べばいいんじゃないの?

 

そうお考えかもしれませんが、違うんです。

  • ドライクリーニングでお願いするか
  • ウェットクリーニング(水洗いクリーニング)でお願いするか

このどっちのクリーニング方法でお願いするかが、非常に重要なんです。

モンクレールのダウンは水洗い禁止のものがほとんど、と記載しているサイトもありますが、禁止ではありません。むしろ推奨です。

 

ドライクリーニングとは、みなさんよくご存じの” マフラーやセーター”などをクリーニングする方法です。

衣類の型崩れなどを防ぐことができる、服にとって安心・安全なクリーニング方法がドライクリーニングです。

 

皆さんご存じ、ダウンの中には、羽毛が入っていますよね。

羽毛は、鳥の羽根。カナダグースは、ガチョウの毛を使っています。

 

その鳥の羽根には、「動物性油分」が含まれているんです。

この「動物性油分」が、水分をはじき(撥水効果)、羽毛と羽毛の間に空気をふくむことで、ダウンを着ると、とっても温かく、ぬくぬくになるんです。

 

ですが、ドライクリーニングだとその動物性油分が抜けてしまうんです。

 

↓ドライクリーニングで使う
「石油系の有機溶剤」が
皮脂汚れといっしょに、
大事な油分まで奪い取っちゃう

ドライクリーニングで高級ダウンをクリーニングした結果

ちなみに、ドライクリーニングとは、石油を精製してより綺麗にした「油」で洗浄しているんですよ。

油で洗浄するなんて、何かイメージ湧かないんだけど。。

 

で、そのダウンの「動物性油分」が無くなってしまうと、羽毛が空気を包み込み、ほんわ~か あたたかさをキープし続けてくれる機能を失ってしまい、ダウンの保温力が劇的に低下。

 

・・・

・・・

 

「あれ?なんか去年より、ダウン着てもあんまり暖かくないんだけど・・・」

なんてことになってしまうんです。


クリーニングに出したら、ダウンがしぼんだ…、なんていうのもこれが原因の一つ。

 

一方、ウェットクリーニングというのは、文字通り水で洗うクリーニング方法です。

洗濯タグの表示では、「ドライクリーニング推奨」となっている衣類を、水洗いする方法です。

非常に高い技術が必要です。

洗浄方法はいろいろとあるのですが、ダウン専用の洗濯シンクなどに水を入れて優しく押し洗いや、洗濯機に入れて超低速で回して洗うやり方もあります。


画像で洗浄方法をご紹介します。
カナダグース水洗いクリーニング工程1 カナダグース水洗いクリーニング工程3

こんな感じで、汗や皮脂汚れが浮き出てきます。ドライクリーニングでは、こうはいきません。

ドライクリーニングで落とせるのは、皮脂汚れだけです。

ドライクリーニングの洗浄液の主成分は、石油であり油なので、汗などの水分を含んだ汚れは、落とせません。

水と油なので、けんかしちゃって、襟元や袖口などに付いた汗汚れは、ドライクリーニングでは落とせません。

カナダグース水洗いクリーニング工程5

 

一方、水洗いクリーニングは、汗汚れなどを” きれいサッパリ ”落してくれます。

洗剤に関しても、繊維の縮み防止用の溶剤を入れるなど、とにかく手間と時間がかかります。

そして、ウェットクリーニングだと、羽毛の油分が抜けることなく、ドライクリーニングでは落とせない「汗よごれ」もしっかり落とせるので、あなたのダウンがふっくらと生き返ります!

 

 


今年の冬も、あったかいダウンを着れることがデキるんです。

 

 

カビ汚れもこのウェットクリーニングの水洗いで、キレイさっぱり根こそぎ落とせます。

 

なので、カナダグースが公式で利用を薦めているクリーニング店のカラキヤも、クリーニング方法は、ドライクリーニングではなく、ウェットクリーニングです。

高級ブランド衣類のクリーニングを数多く扱っているクレアンという最高級クリーニング店もウェットクリーニングです。

▼有名クリーニング店のダウンクリーニング方法▼

  • Wet:ウェットクリーニング
  • Dry:ドライクリーニング
クリーニング方法
クレアン Wet
クリコム Wet
カラキヤ Wet
白洋舎 店舗にて
応相談
ワードロープ Wet
リネット Dry
キレイナ Wet
リナビス Dry
ピュアクリーニング Dry
ポニークリーニング Dry
ホワイト急便 Dry

ちなみに、他サイトで「リナビスは、水洗いのウェットクリーニング」と記載しているところがありますが、間違いです。

リナビスは、ドライクリーニングです。

また、白洋舍には、

  • 高級ブランドクリーニング
  • クリスタルクリーニング

というハイブランド衣類専用のコースがあるのですが、ウェットクリーニングをしてくれるのかどうか、HP上ではわかりません。

なので、白洋舍に問い合わせてみたところ、

「ダウンのクリーニングにつきましては、お品物に記載の洗濯表示を確認し洗濯方法(水洗い、ドライクリーニング)を決定するので、近くの店舗にて相談してほしい」とメール頂きました。

白洋舍でお願いしたい方は、直接店舗に持っていき、受け付けの人に聞いてみてくださいね♪


ここで、まとめです。

【ドライクリーニング】

メリット

  1. クリーニング料金が安い

デメリット

  1. 羽毛の動物性油分が抜け、ダウンの保温性低下
  2. 汗汚れは、ほとんど落ちない

 

【ウェット(水洗い)クリーニング】

デメリット

  1. クリーニング料金が高い

メリット

  1. 羽毛の動物性油分が抜けることがないので、ダウンの保温性が低下しない
  2. 汗汚れや皮脂汚れも、すべての汚れをキレイに落としてくれる

 

但し、羽毛の動物性油分が流れ出ないよう、適切な溶剤管理を行っていれば、ドライクリーニングでも高級ダウンのクリーニングは、十分可能です。

ちょっと、ややこしいですよね。


どっちなの??ドライクリーニングはダメって言っておきながら、ちゃんと溶剤管理ってやつをやっていれば、ドライクリーニングでも大丈夫って。

 

まず、溶剤管理っていうものを説明します。

 

▼あー、面倒くさい。もう安いクリーニング店でいいよ、って方はこちらへ▼

ホワイト急便 ダウンのクリーニング料金1,800円~です ⇒

 

いや、おすすめ店を
↓今すぐ知りたい、って方はこちらへ↓

おすすめ店はこちら

右側は、汚れた溶剤です。↑

ドライクリーニングの溶剤には、

  • 石油系溶剤
  • 塩素系有機溶剤

の2種類があります。


ドライクリーニングの溶剤は、石油。要は、油なんです。あ・ぶ・ら。

 

このどちらかの溶剤を使って、お客様の大事な衣類を傷めずにドライクリーニングでキレイにします。

当然のことながら、何十着もクリーニングをしていると、溶剤も汚れてきます。

そこで、汚れた溶剤を捨てて新しい清潔な溶剤でクリーニングしたいところですが、水のように下水に流せません。油ですから。

なので、フィルター(ろ過設備)でろ過し、溶剤をキレイにしなくてはなりません。

格安チェーン店では、この溶剤を300回くらい使い回しているみたいです。

どんだけ、使い回しとるんじゃ…。

 

大型のクリーニング機械だと、一回に100枚くらいの衣類をドライクリーニングできます。

それを300回使用だと、3万枚の衣類の汚れが溶剤の中に染み出ている計算ですよね。


ラスト300回目でクリーニングした衣類って、きれいになっているのかなぁー。

逆に汚くなっているんじゃないの?

って気すらしてきません?

だから、安いクリーニング店に出した衣類って、独特の臭いがするんですよ。

 

この溶剤をフィルターでろ過する作業以外にも、まだまだやらなくちゃいけないことがいくつもあるんです。

  1. ドライクリーニング溶剤に含まれる水分率を調整
  2. ドライクリーニング溶剤の透過度を確認

これ以外にもまだまだ…。そして、詳しい説明も省きます。

めんどくさいわけではないですからね…。

もうちょっとで終わりますから。

 

そして、ダウンの保温性低下事件を引き起こすのが、下のこれ↓

  • 適正なソープ(ドライクリーニング用洗剤)濃度を保っているか

ここだけちょっと詳しく説明しますね

ドライクリーニング溶剤は、油です。灯油をもっとキレイにした感じのやつです。

この溶剤に、ソープ」といわれるドライクリーニング専用の洗剤を混ぜて、ドライクリーニングをしていきます。

すると、皮脂等の脂系の汚れは、ドライ溶剤(石油系溶剤)によってきれいになり、水溶性(汗やジュースのこぼしなど、水分を含んだやつ)の汚れは、このソープによって、ほんの少しだけ取り除いてくれます。


でも、このソープ濃度を間違えると(濃度を低くしすぎちゃうと)、ドライ溶剤の洗浄力が強くなり過ぎちゃうんです。

それっていいじゃない?よく汚れを落としてくれるんだから。

 

そうなんですけど、ソープ濃度を低くしすぎて、洗浄力を強くし過ぎちゃうと、汚れと一緒に、羽毛の動物性油分までも落としちゃうんです。

 

ドライクリーニングで高級ダウンをクリーニングした結果

すると、ダウンの保温性が低下して、ダウンを着てもあんまり温かくない…、ってことになってしまうんです。


ソープ濃度は、0.4~0.7が理想 です。

この数値内であれば、ソープが羽毛の油分まで落としてしまうことにはなりません。

 

溶剤管理には、手間と確かな知識が必要です。

 

ラーメン屋ならスープが命

お寿司屋なら、シャリが命(ネタじゃないんですって)

老舗料亭なら出汁が命 

そして、クリーニング店なら溶剤が命

この溶剤管理を徹底しているクリーニング店であれば、ドライクリーニングでも保温性が低下することはありません。

ただし、ドライクリーニングでは、汗汚れなどの水溶性の汚れは、ほとんど落とせません。

 

何度も言うようですが、ベストなクリーニング方法は、ウェットクリーニングです。

 

\すみません、読むのちょっと疲れましたよね…/

おすすめ店を
今すぐ知りたいなら、こちらをクリック

おすすめ店はこちら↓

 

目次に戻る↑

【もう最悪…】クリーニング失敗(トラブル)事例&失敗しない方法

 

 


↑この保証がないというのは、モンクレール購入後、着用時に不具合があっても、モンクレ側からの保証は受けられないと言うことです。(購入後14日以内で、未使用の場合のみ返品可能)

また、自然乾燥でもいいのですが、最終仕上げは、やはり乾燥機でダンブリング乾燥(羽毛のほぐし作業)を行わないとダメです。(ダンブリング乾燥とは、低温の乾燥機で短時間回転させながら乾燥させること)

でないと、ダウンの中の羽毛がかたより、またダウン自体のボリュームも復活しません。このダンブリング乾燥は、必須の工程です。

 

 

 

おそらく、皆さん溶剤管理をきちんとしていないお店でドライクリーニングをお願いしたのでしょう。

  1. 最適なクリーニング方法(ウェットクリーニング)
  2. もしくは、溶剤管理をしっかり行っているお店

これを知っておかないとダメですね。

 

そんな失敗しないでしょ
やっぱり安いところがイイ!って人は
▼こちら▼

ダウンの料金 1,800円~です

ホワイト急便はこちら ⇒

 

目次に戻る↑

何で選ぶ?高級ダウンのクリーニング店比較表

 

▼有名クリーニング店のダウンクリーニング方法&料金

  • Wet:ウェットクリーニング
  • Dry:ドライクリーニング
クリーニング会社 クリーニング方法 料金
クレアン Wet ¥8,000
キレイナ Wet ¥7,000
クリコム Wet ¥9,000~
ワードロープ Wet ¥8,964
白洋舎 店舗にて
応相談
ピュアクリーニング Dry ¥3,000
リナビス
(5点パック8,550円)
Dry ¥1,710
リネット Dry ¥2,580
ポニークリーニング Dry ¥1,900~
ホワイト急便 Dry ¥1,800~

さらに、ここでは、他社よりかは安く(送料も考えて)、かつ安心して利用できる3社に絞って見ていきます。

クレアンは、送料が別途2,000円前後かかります。

高品質な宅配クリーニング【リナビス】
リナビス
オーダーメイド宅配クリーニング【ワードローブトリートメント】
ワードローブ
宅配クリーニング【キレイナ~KILEINA~】
キレイナ
検品 徹底した検品有
徹底した検品有
徹底した検品有
クリーニング方法 DRY WET WET
ソープ濃度 濃度 : 0.5
濃度 : 0.4
濃度 : 0.4
料金 ¥8,550(5点パック) ¥8,964 ¥7,000
一着あたり ¥1,710 ¥8,964 ¥7,000
送料 無料 無料 料金1万円以上/往復無料
料金1万円未満/1,000円
集荷ボックス
仕上がり
日数
10日後 3週間後 3週間後

( 表が全部見えない場合は、このバーを右にスライドして下さい)

リナビスとキレイナは、注文すると衣類を送る専用の集荷ボックス(袋)を送ってくれます。

ただし、キレイナに関しては、ヤマト運輸の人が、集荷袋に入れてくれるので、自宅に袋が送られてくるわけではありません。

 

ですが、その集荷ボックスが来たのに、衣類を送らないで、「やっぱやーめた」としてしまうと、あとで

  1. 集荷ボックス代
  2. そのボックスを送った際の送料

を請求されることがあるようです。(振込用紙が来る)

なので、自分が損しないためにもまだ利用するかどうか十分決め切れていないと言う方は、注文は少し待った方がいいかもしれませんね。でないと、あなたが損しちゃいます。

高級ダウンのクリーニング店選び / 失敗しない3つのポイント!


ウェットクリーニングかどうか

このページで散々言ってきたので、もういいですよね。


料金は、妥当か?

やっぱり高級ダウンのクリーニングするには、手間と時間がかかるので、どうしてもクリーニング料金は高くなってしまいます。

ただ、そこをケチると、あとで後悔することにもなるので、安すぎるところは絶対にやめましょう。

 


でも、正直、上の表3社のクリーニング料金高いですよね…。

 

一番安いところで、7,000円(送料込みで8,000円)。

クリーニング頻度は、2年に1回だとすると

  1. 1年あたりのクリーニング料金:4,500円
  2. 冬の間、12月~3月まで着るとすると、1か月あたりのクリーニング料金:1,125円

 

クリーニング料金
1年あたり 4,500円
2年間で1か月あたり 1,125円

1か月あたり1,000円ちょっと 」で、あなたの大事な高級ダウンを、綺麗な状態で保てるのであれば、高くはないのでは?

 

でも、悩んじゃいますよね。。。わかります。

自分もモンクレールのブランソン、クリーニングに出すとき、2週間くらい悩みましたから…。

⇒【体験レビュー】悩みに悩んで、キレイナにモンクレールをクリーニングに出してみた。

 

 

あなたが「そのモンクレやカナダグースなどの高級ダウン」、10年くらい大事に着続けたい。。

・・・そう思うのであれば、それなりのクリーニング料金のところを選ぶようにしましょう。

 


最高級クリーニング店は、その店独自の特徴で選びましょう。

最高級クリーニング店なら、クリーニングトラブルに巻き込まれることは、ほぼありません。

となると、どの点を選ぶ際のポイントとすべきか、迷っちゃいますよね…。仕上がりに関しては、どの最高級クリーニング店も安心です。

そこで、その店オリジナルの技術&特徴で選んでみてはどうでしょう?

  1. クレアン」なら、専門職人による洋服の縫製作業
  2. キレイナ」なら女性ならではの視点で細部&ファッショントレンドにこだわった仕上がり
  3. ワードローブ」なら無料ハンガーボックス

最高級クリーニング店は、新品の洋服を買ったときの「あのウキウキ感」を思い出させてくれます。

それとー、あとはやっぱり金額??結局は…。毎年、こんなにクリーニング代払えないし、できれば、1円でも安いところがイイのは正直なところ…。

「クリーニング代で、ユニクロ何着買えるの!?」って考えてしまうのは、私だけ?…。

比較表でもう一度確認してみる

【厳選3社 】おすすめランキング


このページをスマホにブックマークしておいてもらえれば、この冬が終わって、クリーニングに出す時、わざわざ検索しなくていいから便利ですよ。ぜひ、ブックマークしておいてね。

ワードローブは匠目線の一客オーダーメイドクリーニング

ワードローブトリートメント
クリーニング職人による
↓オーダーメイドクリーニング↓オーダーメイド宅配クリーニング【ワードローブトリートメント】
  1. 専用工房「匠スタジオ」にて、熟練の技術者が1着1着ケア
  2. ダウン専用の特殊洗剤によるしみ抜き
  3. 「東京カレンダー」や「LEON」など雑誌メディアなどに多数紹介
  4. 仕上がり後は、専用のハンガーケースにてハンガーにかかった状態で配送(無料)
  5. 洗浄機をウール用の洗浄機、ダウン専用の洗浄機など衣類ごとに分ける徹底ぶり
  6. 「ちょっと値段高くてもいいから、匠による最上級のクリーニングを」なんて人には、選んで損はないクリーニング店
ダウンクリーニング方法 ウェットクリーニング
料金 8,964円
送料
無料
特徴 ハンガーボックスで配送

ワードローブは、畳まれた状態ではなく、ハンガーにかかった状態でクリーニング後のダウンを送ってくれます。

こんな感じ↓のボックスに入れて送ってくれます。

 

View this post on Instagram

 

洋服をクリーニングに出して「なんだか雰囲気が変わってしまった……」なんて経験、ありませんか?ワードローブトリートメントは「一客一点洗い」をモットーにする高級クリーニング店。洋服にどんな汚れがついているのかなど、コンシェルジュがていねいにヒアリングしてくれます。いい服を長く着られるのも、こんな店があってこそ。まずは試しに一着クリーニングすれば、そのクオリティを実感できるはずです。 PHOTO:湯浅 亨 #penmagazine #tokyoguide #wardrobetreatment #ワードローブトリートメント #クリーニング

Pen Magazineさん(@penmagazine)がシェアした投稿 –

 

 

 


東京目黒区の青葉台に実店舗があります。

 

 

View this post on Instagram

 

レコードセレクトさせていただいているWARDROBE TREATMENTにわたしもGORE-TEXのコート🧥を預けました。普通のクリーニング屋さんだと預かってくれなかったり、家で洗うのはとても手間がかかるので特殊素材も対応してくれてるのは有難い! しかも安心清潔の”一客、一点洗い”なのです😱 因みにGORE-TEXはシーズン中に一度洗うと機能が長持ちするらしい(何かで読んだ)ので皆サマーもぜひ! 仕上がりが楽しみ。 #WARDROBETREATMENT#ワードローブトリートメント#クリーニング#GORETEX#cleaning

Natsu Summer ナツサマーさん(@natsu_summer88)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡クリーニングday♡ 私がいつもお世話になってる究極のオーダーメイドクリーニング店WARDROBETREATMENTで冬物の受け取りに行ってきたよ♡ * * 高級な服などはいつもここにお任せしてます💕 今回もモンクレをお願いしてきました🧥 * * いつもながら仕上がりは完璧です🎵 クリーニング前よりもふかふか♡ いつものことながら型崩れなどもしてないので安心して預けられます💕💕 * * お店の目印はこのアイロン🖤 ぜひ気になる方はご連絡くださいね🔎 * (@wardrobetreatment )もチェックしてね😌 オシャレなカフェみたい💕💕 * * #オーダーメイドクリーニング #クリーニング #中目黒 #目黒区青葉台 #WARDROBETREATMENT #ワードローブトリートメント #ファッション #ワードローブ #池尻大橋 #青葉台 #クリーニング福井 #安心できるクリーニング #モンクレール #いつもありがとうございます

♡satomi♡(@saatoomii47)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

@wardrobetreatment ありがとうございました HOUYHNHNM BLOG UPDATE #wardrobetreatment

shinji_moriyama(@jedi_moriyama)がシェアした投稿 –

 


きちんと、手入れをされた高級ダウンを着ている男性って、やっぱりカッコいいですよね♪

クリーニング職人による
↓オーダーメイドクリーニング↓

ワードローブはこちら ⇒

↑匠による極上のクリーニングをあなたに↑

 

「キレイナ」は女性目線の丁寧クリーニング

キレイナ
女性クリーニング師多数
↓女性目線の気配りクリーニング↓
宅配クリーニング【キレイナ~KILEINA~】
  1. ウェディングドレスや舞台衣装などのクリーニングを手掛ける技術者が担当
  2. クリーニングが難しい衣類(洗濯表示なし)のクリーニングが得意
  3. 業界では珍しく女性職人が多数。女性ならではの繊細な仕上げ。
  4. モンクレールなどの高級ブランドダウンのクリーニング実績も豊富
  5. モンクレール・カナダグースの修理も得意
  6. 「女性職人による繊細なクリーニングをお願いしたい」なんて人には最適
ダウンクリーニング方法 ウェットクリーニング
料金 7,000円
送料
料金1万円以上/無料
料金1万円未満/1,000円
特徴 衣類の修理も得意

別途料金はかかってしまいますが(1,500円~)、破れ・穴直し・色褪せの修復などのメンテナンスもしてくれます。

「カナダグースが、すれて白く(白化)なってしまった…。」なんて方は、利用して損はありません。

ちなみにカナダグース公式の無料保証は、製造過程での不具合のみ無料ということです。着ている間に自然とできてしまった色褪せは、有料での対応となります。

 

 

 

View this post on Instagram

 

* 衣替えを前に、お気に入りの冬アウター達を @kileina_wash でウォッシュ&メンテナンス👔🛠✨ * ボリューム不足が気になっていたタトラスのダウンも、 他のクリーニング店に出しても完全に落としきれなかったホワイトダッフルの袖口の黒ずみも、 まるで新品のように生まれ変わって帰ってきました🚚📦✨ * これにはもう、満足を通り越して感動😭✨ (※ビフォーアフター載せてるのでぜひ見てみて下さい。) * 集荷サービスまでして頂けるので、家から出ることなく、キレイになったお洋服が帰ってくるのを待つだけ😊 * しかも帰ってきたお洋服には、担当の方からの手書きのレポート付き📝✨こういう心配りも嬉しい💕 * 他社で断られた高級ブランドや、クリーニングしても取れなかった汚れは @kileina_wash がオススメです😘 * お気に入りのお洋服がよりキレイに、より長く楽しめると思いますよ💖💖 * * * #仕上がりに感動 #また絶対利用しよう #キレイナ #クリーニング #タトラス #パリゴ #kileina #tatras #parigot #pr #fashion #coordinate #locari #ダッフルコート #ダウンコート #ファッション #コーディネート #リペア #メンテナンス #お気に入りの1枚 #ビフォーアフター #衣替え #冬コーデ #カジュアルコーデ #きれいめカジュアル #モノトーンコーデ #モノトーン #シンプルコーデ #置き画くら部 #ロカリ

まりおさん(@mario_dozono)がシェアした投稿 –

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【今年のテーマはお手入れ】 今年は靴も服もバッグもお手入れ年にしようかと、 ダウンはKILEINAさんにお願いしてみました。 いやぁ、良かった!染みもあったので安いジャケット買えるくらいのお値段したけど、染みもとれて、何より、ふわっふわっな手触りに!! もう10年近く前にミラノで買ったモンクレール。いまだに温かさに冬は重宝。 軽さと温かさに、もう重いコートには戻れません。 良いものって良いんだなぁと、多分初めて知った買い物♪ 今回届いた箱はまるでプレゼントのようで、ほぼ買い直したようなものです♡ これからも大事に使いたい。 #ダウンで肩こり知らず #モンクレール #ダウン #お手入れ #クリーニング #kileina #キレイナ #downjackets #moncler #laundryprofessional

ロルフィング®︎by Yukiさん(@rolfer_yuki)がシェアした投稿 –

大切な高級ダウン
ウェットクリーニングで
↓買った当初のあのウキウキ感を

キレイナはこちら⇒

↑女性目線での繊細な仕上がりを↑

リナビスは5点パック式のお得なクリーニング

リナビス
  1. 徹底した溶剤管理で、ドライクリーニングでも羽毛の油分が抜ける心配なし!
  2. 高級ブランドダウンのクリーニング実績も多数有り
  3. 高級ダウンにやさしい完全自然乾燥
  4. ソープ濃度:0.5
  5. 汗汚れは完璧に落ちなくてもイイ&安くクリーニングしたい、という方には定番の宅配クリーニング店
ダウンクリーニング方法 ドライクリーニング
料金(5点パック) 8,550円(5点パック)
1着当たりの料金 1,710円

リナビスは、ウェットクリーニングではないのですが、ドライクリーニングでもダウンが傷まない特殊な溶剤(羽毛の油分が溶剤に溶け出さないように、ドライ溶剤のソープ量(洗剤の量)を調整しています)でクリーニングしているので、ダウンの保温性が低下することもありません。

高級ダウン(カナダグースやモンクレール)も取り扱い実績が豊富です。

口コミはこちら

\公式ページはこちらから/

リナビス ⇒

目次に戻る↑

まとめ

お疲れさまでした。長かったですよね、すみませんm(_ _”m)

  • カナダグース
  • モンクレール
  • タトラス
  • ウールリッチ
  • ノースフェイス
  • デュベティカ

などは、値段は高いですが、きちんとしたケア&メンテナンスを行えば、長く着られる素晴らしいダウンです。

シーズン中・シーズンオフのお手入れもとても大事ですが、きちんとした信頼できるクリーニング店に、クリーニングをお願いするのも同じくらい大事です。


カナダグース・モンクレール・タトラスにとって、ベストなクリーニング店を選んでくださいね。

 


このページをスマホにブックマークしておいてもらえれば、この冬が終わって、クリーニングに出す時、わざわざ検索しなくていいから便利ですよ。ぜひ、ブックマークしておいてね。
ワードローブトリートメント
クリーニング職人による
↓オーダーメイドクリーニング↓オーダーメイド宅配クリーニング【ワードローブトリートメント】
  1. 専用工房「匠スタジオ」にて、熟練の技術者が1着1着ケア
  2. ダウン専用の特殊洗剤によるしみ抜き
  3. 「東京カレンダー」や「LEON」など雑誌メディアなどに多数紹介
  4. 仕上がり後は、専用のハンガーケースにてハンガーにかかった状態で配送(無料)
  5. 洗浄機をウール用の洗浄機、ダウン専用の洗浄機など衣類ごとに分ける徹底ぶり
  6. 「ちょっと値段高くてもいいから、匠による最上級のクリーニングを」なんて人には、選んで損はないクリーニング店
ダウンクリーニング方法 ウェットクリーニング
料金 8,964円
送料
無料
特徴 ハンガーボックスで配送

 

クリーニング職人による
↓オーダーメイドクリーニング↓

ワードローブはこちら ⇒

↑匠による極上のクリーニングを↑

 

▼いやいや、いろいろコムズカシイ話もあって面倒くさかったよ。
普通のクリーニング店で大丈夫でしょ??って方はこちらへ▼

ホワイト急便はこちら ⇒

宅配型のクリーニングなので、ここで紹介しているお店は、東京、名古屋、仙台、横浜、福岡、大阪に在住の方にもおすすめです。

関連記事

モンクレール,カナダグース,高級ダウン,クリーニングおすすめ

【'20年12月版】モンクレール/ カナダグースなど高級ダウンのクリーニングおす...

NO IMAGE

【失敗されたくない!】ウールリッチダウンのクリーニングおすすめ店を紹介

【'20年12月版】色褪せや穴あきモンクレールダウンやタトラス(高級ダウン)は、...

【'20年12月版】失敗しないムートンコートクリーニング店選び/ おすすめはココ...

【'20年12月版】失敗しない!高級クリーニングおすすめ店を徹底紹介/ 高品質で...

【注意】カナダグースやモンクレールダウンは、自分で洗濯はやめたほうがいい理由